上久保の一里塚うわくぼのいちりつか

一里塚は、慶長9年(1604年)から17年(1612年)にかけて、一里(約4㎞)ごとに築造されたものである。一里塚の基準は、五間四方(約9m)、高さ一丈(約3m)で、塚上に榎や松を植えた。街道の両側に対に築造され、旅人に安息と利便を与えた。
町内には、十二兼・金知屋・上久保・下り谷の4ヵ所に一里塚があったが、現在原形をとどめているのはここだけである。江戸から数えて78里目の塚である。

≫三留野~妻籠を歩く

上久保の一里塚
上久保の一里塚

前の名所:かぶと観音
次の名所:良寛碑