手習天神てならいてんじん

古くは山下天神と呼ばれ、木曽義仲を養育した中原兼遠が義仲の学問の神として勧進したものと伝えられる。境内の一位(いちい)の古木は名木として知られ、中山道を往来する旅人は必ずここを参詣したといわれている。

≫宮ノ越~福島を歩く

手習天神
手習天神

前の名所:中山道中間点
次の名所:福島宿