茂田井標識もたいひょうしき

茂田井は、東の望月宿と芦田宿の間にある旧村で、現在は間の宿とも呼ばれている。ここは茂田井の入口で、坂を下りはじめると、江戸時代の面影の残る民家や造り酒屋が軒を連ねている。

≫望月~芦田を歩く

茂田井標識
茂田井標識

前の名所:にごり池
次の名所:武重本家酒造