茂田井一里塚跡もたいいちりづかあと

一里塚は、信長の時代に設けられ、徳川家康・秀忠が引き継いで慶長9年(1604)に完成した。
中国で路の側に一里毎に土を盛り、その崩れ去るのを防いでエンジュの木を植え、旅人に木陰をあたえたという例にならって榎が植えられたというが、ともあれこの頃一里塚を三十六町と決定され、五畿七道残るところがなく一里塚が築かれたとされている。
天保年間の、茂田井村差出帳には、当時この両側に土塚があり、榎の根本が残っていたとある。

≫望月~芦田を歩く

茂田井一里塚跡
茂田井一里塚跡

前の名所:石割坂
次の名所:芦田川橋