嵐讃岐の供養碑あらしさぬきのくようひ

嵐讃岐は木曽家の有力武将の1人で、千旦林に居をかまえ、千旦林八幡宮(八幡神社)の再建につくした人と伝えられている。
この供養碑は、寛永3年(1626年)に嵐讃岐を供養するために建てられたもので、墓石様式の変遷をあらわすものとして貴重であり、岐阜県下でも希な様式である。

≫中津川~大井を歩く

嵐讃岐の供養塔
嵐讃岐の供養塔

前の名所:小石塚の立場跡
次の名所:六地蔵石幢