日本橋

日本橋にほんばし(東京都中央区)

江戸時代に、いち早く整備された五街道。 その全ての起点が、ここ日本橋である。橋は、慶長8年(1603)に完成したと言われている。
当時は木の橋が架けてあったが、火事などで幾度も失われた。現在の石造二連のアーチ橋は明治44年(1911)に架けられたものであり、国の重要文化財に指定されている。また、街道の起点であるとともに、商業の中心地でもあった。
橋の中央には、日本国道路元標が埋め込まれている。

≫日本橋~板橋を歩く

日本橋(にほんばし)
上には首都高速が横切っているため圧迫感があるものの、たもとからは、橋の外観を楽しむ事ができる。
日本国道路元標(どうろげんぴょう)
街道の起点であることを表すもの。本物は道路上にあるが、複製が橋の北岸の西側にある。
魚河岸碑(うおがしひ)
日本橋川沿いには、幕府や江戸市中で消費される魚を荷揚げする魚河岸があり、鮮魚を満載した船が数多く集まる活気に満ち溢れた場所だったという。現在は、日本橋北岸東側に当時を偲ぶ碑が立つ。

≫板橋宿へ行く

日本橋 南側のたもとから見た日本橋 日本国道路元標(複製) 魚河岸碑

次の名所:鐘撞堂跡
日本橋