首なし地蔵跡くびなしじぞうあと

宝暦6年(1756)、地元の人たちが旅行者の道中安全を祈って立てたもの。こんな逸話が残されている。

昔、二人の中間(武家奉公人)がここを通りかかった。夏のことで暑かったため、松の木陰で休んでいるうちにいつの間にか二人は眠ってしまった。しばらくして一人が目覚めてみると、もう一人は首を切られて死んでいた。びっくりしてあたりを見回したが、それらしき犯人は見つからなかった。怒った中間は、「黙って見ているとはなにごとだ!」と腰の刀で地蔵様の首を切り落としてしまった。それ以来、首をつけようとしてもどうしてもつかなかったという…。

≫大井~大湫を歩く

首なし地蔵跡
首なし地蔵跡

前の名所:姫御殿跡