中野村庄屋の家なかのむらしょうやのいえ

当時、大湫宿の助郷村であった野井村が、和宮が通行するということで、強制的に、まかない役につかせられたことに不満を持った村の百姓代が、和宮通行後に、ここに滞在していた岩村藩代官に斬りつけた事件が発生した。
この事件の後、岩村藩と野井村との間で裁判があったが、最終的には野井村の勝訴となり、代官は罷免された。

≫大井~大湫を歩く

中野村庄屋の家
中野村庄屋の家

次の名所:中野観音堂