西行硯水さいぎょうすずりみず

文治2年(1186)、西行が二度目の奥州のたびに伊勢を出発した。鎌倉で源頼朝に会い、平泉で一年滞在した後、木曽路を経てこの地を訪れ、三年間暮らした。西行は、こんこんと湧き出るこの泉の水を汲んで、墨をすったと伝えられている。

≫大井~大湫を歩く

西行硯水
西行硯水

前の名所:中野観音堂
次の名所:十三峠