虚空蔵堂こくうぞうどう

中山道を江戸から京へ向かうとき、太田宿の西の出口に虚空蔵堂がある。
天明2年(1782年)の「加茂郡太田村絵図」には既に描かれており、当時から信仰の対象となっていた。ここには、京への道標があり、旅人たちの道案内となっていた。ここから段丘を下り、木曽川沿いに京を目指して西へ進んだ。
また、承久3年(1221年)に起った「承久の乱」の木曽川合戦では、後鳥羽上皇率いる朝廷軍と鎌倉幕府軍が、木曽川を挟んで戦った。
このあたりが戦場の北端であったといわれている。
(可児側が幕府軍・太田側が朝廷軍)

≫太田~鵜沼を歩く

虚空蔵堂
虚空蔵堂

次の名所:芳春寺