堂峰番所跡どうみねばんしょあと

堂峰の見晴らしの良い場所(坂本宿に向かって左側)の石垣上に番所を構え、中山道をはさんで定附同心の住宅が2軒あった。関門は両方の谷が迫っている場所をさらに掘り切って道幅だけとした場所に設置された。現在でも門の土台石やその地形が石垣と共に残されている。

≫坂本~軽井沢を歩く

堂峰番所跡
堂峰番所跡

次の名所:柱状節理