茶屋本陣跡(今井家)ちゃやほんじんあと(いまいけ)

旧今井村は、中山道塩尻峠の東の入口にあって、古来交通上の要衝で、江戸時代にはここに御小休本陣が設けられ、今にその旧観を残している。
中山道は、江戸と京都を結ぶ裏街道として、江戸時代には、幕府の要人、尾張徳川家をはじめ、参勤交代の西国諸大名の人馬の往来も激しく、多くはこの家に御小休になった。

≫下諏訪~塩尻を歩く

茶屋本陣跡(今井家)
茶屋本陣跡(今井家)

前の名所:今井番所跡
次の名所:道標