今井番所跡いまいばんしょあと

徳川幕府は江戸防衛の為、街道の要衝に多くの関所を設置して、特に入鉄砲・出女・咎人等の検察に当たった。
この今井口の番所は口留・穀留の両面の検問を司っており、此処を通過するには前もって許可の手形が必要であった。番所には、高島藩の出役が交替で勤め、添役として村役人の名主や年寄りが当たった。

≫下諏訪~塩尻を歩く

今井番所跡
今井番所跡