石船観音いしふねかんのん

本尊馬頭観音が、船の形をした台石の上に祀られているところから石船観音と呼ばれ、とくに足腰の弱い人に対して霊験あらたかであるといわれている。
境内を鳴沢清水といって、豊富な清らかな水が流れていて、参拝者の喉をうるおしている。
例祭は5月の八十八夜ごろである。

≫下諏訪~塩尻を歩く

石船観音
石船観音

前の名所:道標
次の名所:大石