万日堂まんにちどう

万日堂の本尊はみかえり阿弥陀像で、桧の寄木造りで作られている。やさしい顔立ちの来迎阿弥陀如来の立像で、振り返っているように横向きに作られている。
昔、永観律師が不断念仏を思い立ち、本尊をめぐって行道念仏をしていたが、つい眠くなって立ち止まったところ、本尊が「永観遅いぞ。」と後ろを振り返って声をかけたという。
万日堂の入り口には「おもしろひ夢見る顔や涅槃像」と刻まれた、注意鳥酔の句碑が立っている。

≫高崎~板鼻を歩く

万日堂
万日堂

次の名所:若宮八幡宮