旧中山道松並木きゅうなかせんどうまつなみき

江戸時代には、一里塚をつなぐ街道の両側に、松・杉・楓などの並木があって、その木陰は旅人のしばしの憩いの場所となっていた。
しかし、近年虫害や台風などによる松並木の減少が目立ってきた。そのため関ヶ原町では、天然記念物に指定し、防虫対策や補植によりその保護につとめている。

≫垂井~関ヶ原を歩く

旧中山道松並木
旧中山道松並木

前の名所:伊富岐神社鳥居
次の名所:六部地蔵