六部地蔵ろくぶじぞう

六部とは、「六十六部」の略で、全国の社寺などを巡礼して、旅をしながら修行している「人」ということで、厨子を背負って読経しつつ行脚中の行者が、宝暦11年(1761年)頃この地で亡くなったため、里人が祠を建てお祀りしたといわれている。
この六部地蔵さんは、「六部地蔵 歯痛なおりて 礼参り」と詠まれているように、痛みのひどい病気をなおすことで名を知られている。

≫垂井~関ヶ原を歩く

六部地蔵
六部地蔵

前の名所:旧中山道松並木
次の名所:関ヶ原宿