さわら大樹さわらたいじゅ

樹齢約300年と推定される。このさわらの下枝が立ち上がって特異な枝ぶりとなっているが、このような形の枝を持った針葉樹を神居木(かもいぎ)という。昔から山の神が腰掛けて休む場所と信じられており、傷つけたり切ったりすると祟られると言われていた。

≫妻籠~馬籠を歩く

さわら大樹
さわら大樹

前の名所:石畳