木落し坂きおろしさか

諏訪大社の「御柱祭」は6年毎に行われる諏訪地方一体の祭である。社の周りに4本の樅の巨木を立てるのであるが、下社の「山出し祭」は4月9日~11日で、山奥で樅を切り出した御柱を曳行し、傾斜45度、落差100m余りの崖を一気に引き落す。御柱には若者が群がり股がり、落下の反動で若者が放り出され、毎回、多数の負傷者をだす。一帯は多数の見物人が埋め尽くし、御柱祭のメーンイベントである。
『男見るなら七年に一度、諏訪の木落し、坂落し』

≫和田~下諏訪を歩く

気落し坂
気落し坂

前の名所:橘橋茶屋本陣跡
次の名所:下諏訪宿