焼米坂やきごめざか

江戸時代、新名物やき米の看板を掲げ、中山道を通る旅人に炒った米を売る茶店が数件あり、この焼米坂の名が定着した。また、江戸時代には旅人にとっては難所であったという。

≫蕨~浦和を歩く

焼米坂
焼米坂

前の名所:熊野神社
次の名所:調神社