巴淵ともえがふち

木曽三川36景のひとつで、巴状に渦巻いていることからこの名がつけられた。また、平安末期に木曽義仲の側にあって武勇に長けた女の武将巴御前にちなんだ深淵でもあり、伝説には、巴御前はこの淵に住む竜神が化身したもので、木曽義仲の生涯を守り続けた…と言われている。

≫薮原~宮ノ越を歩く

巴淵
巴淵

次の名所:宮ノ越宿