番塚古墳ばんづかこふん

五世紀末築造された竪穴系横口式石室の前方後円墳。この古墳は宅地造成で削られわずかに後円部を残すだけだが、その規模は全長約50mと推測される。残った後円部は石室内が常時見学できるようになっている。県指定史跡。

≫苅田~大橋を歩く

番塚古墳
番塚古墳

前の名所:石塚山古墳
次の名所:御所山古墳