伊能忠敬測量記念碑いのうただたかきねんひ

ここには伊能忠敬200年記念碑がある。江戸時代の測量家伊能忠敬は、50歳で商家の家業を長男に譲り第二の人生を志し、天文・暦学を学ぶ。寛政12年(1800年)、55歳の時江戸より蝦夷地に向け測量の第一歩を踏み出した。以後17年の長きにわたり日本全国の測量を行い、我国初めての実測による当寺世界最高水準の日本地図を完成した。この間の歩み四千万歩、地球一周分の距離に及ぶ。九州には、忠敬64歳の時から高齢にも拘らず前後2回に及ぶ困難な測量作業を行った。この小倉城下・常盤橋は、九州伊能測量の始発点であり、小倉の五街道(長崎街道・唐津街道・中津街道・秋月街道・門司往還)の起点として意義深き地点である。

≫小倉~苅田を歩く

伊能忠敬測量記念碑
伊能忠敬測量記念碑

前の名所:常盤橋
次の名所:小倉城