成田街道なりたかいどう

街道地図

成田街道は、水戸街道新宿(にいじゅく)から分岐して佐倉藩や成田山新勝寺に向かう街道である。庶民にとっては、成田山新勝寺への参詣道ということで成田街道の名称が一般的となっていたが、江戸幕府が公道として定めた「新宿~佐倉」間を指して、幕府公式文書では佐倉街道と言い、佐倉藩をはじめとして、房総の諸大名の参勤交代の道であった。
水戸街道から新宿で別れるルート以外に、日本橋から水路で江戸川河港の行徳に上陸し、成田に向かうルートもあった。行徳へ向かう船は行徳船と呼ばれ、もともとは塩を江戸へ運ぶためのものであったが、幕末の頃には成田山へ参詣する人々を乗せるようになった。

成田街道の見どころ

現代において、成田といえば空港を思い浮かべる方も多いと思いますが、成田山新勝寺は、江戸時代も参詣者で賑わった名刹。門前町も風情があるため、一度は訪れてみたい場所です。一里塚はほとんど残されていませんが、ところどころに「さくら道」や「成田街道」などの道標もあり、かすかに面影を感じることができます。
また、途中通過する城下町佐倉にも史跡が点在し、みどころも多いです。道中は近代化が進んでいる箇所も多く、国道沿いは車に注意する必要がありますが、遊興の町船橋、印旛沼の景観をいただく臼井など、当時の人々に思いを馳せながら歩いていくのも良いでしょう。

宿場一覧

通過する都道府県

千葉県/東京都

つながる街道

水戸街道