大崎馬頭観音堂おおさきばとうかんのんどう

崖の上に馬頭観音堂がある。この馬頭観音は江戸時代に馬を使った運送業者たちによって祀られていた。また天保10(1839)年の銘がある成田山への道標が1基ある。この道標は石質が良く、佐倉市井野にある鈴木金兵衛の道標と似て俳句が彫られている。見るためには急な階段を上る必要がある。

≫酒々井~成田を歩く

大崎馬頭観音堂
大崎馬頭観音堂

前の名所:大崎成田山道標
次の名所:伊篠の松並木