江原刑場えはらけいじょう

ここは旧佐倉藩の刑場であった。天保14年(1843年)3月 蘭医学研究のため、藩医・鏑木仙安が友人小柴百之・広瀬元恭と共に刑死者の解剖を行った。これが佐倉藩最初の人身解剖である。題目の供養塔は寛政8年(1796年)諸宗寺院の建立したもので、付近には首洗井戸がある。

≫臼井~佐倉を歩く

江原刑場
江原刑場

前の名所:光勝寺
次の名所:粟島神社