光勝寺こうしょうじ

光勝寺は臼井氏の祖・常康の菩提示として臼井台の道場作に建てられた真言宗の寺であった。その後五代領主の時世に、一遍聖人の弟子・眞教上人が下総へ回国の折、帰依して時宗に改められた。この寺は、臼井城が落ちた後、現在の地に移されたといわれている。現在この境内には、一遍上人のお札くばりの姿像が立っている。

≫臼井~佐倉を歩く

光勝寺
光勝寺

次の名所:江原刑場