龍神社りゅうじんしゃ

西海神村の鎮守で海の神を祀っている。国鉄が通る以前は、参道が海の方から続いており、龍神社、という高い石塔は行徳街道沿いに立てられていた。境内の池で芋を洗っていた老婆が、恵んで貰おうとした弘法大師に、これは石だと告げたところ、本当に石芋になって食べられず捨てた、という伝説の神社。

≫八幡~船橋を歩く

龍神社
龍神社

前の名所:山野浅間神社
次の名所:船橋宿