馬頭院観音寺ばとういんかんのんじ

本尊は、伝教大師(最澄)の作と伝えられる。また、境内には文永7年(1270)並びに、応永5年(1398)に建てられた青石塔婆がある。
すぎと七福神大黒天にもなっている。

≫粕壁~杉戸を歩く

馬頭院観音寺
馬頭院観音寺

前の名所:追分道標
次の名所:九品寺