追分道標おいわけどうひょう

旅人が迷わないようにと建っている道標が二基、いずれも江戸中期に建立されたものである。今はひっそりと佇んでいるが、立派に日光へ向かう道を指し示してくれている。

≫粕壁~杉戸を歩く

佇む追分道標
佇む追分道標

次の名所:馬頭院観音寺