勝専寺しょうせんじ

徳川家の御殿が造営され、徳川秀忠、家光、家綱らの利用があった。また、安置されている木造千手観音立像は、荒川から引き上げられたと言われており、千住の地名起源のひとつともされている。「赤門寺(あかもんでら)」の通称で親しまれている。

≫日本橋~千住を歩く

勝専寺の赤門
勝専寺の赤門