浅間神社せんげんじんじゃ

境内にある慶応元年の銘の手洗石には、現在の水準点にあたる高低測量几号(きごう)(「不」に似た記号)が刻まれている。これは当時、東京⇔塩釜間の水準測量をした時に刻まれたもので、この記号の多くは、既存の石造物を利用していたという。
なお境内は、草加八景のひとつに選定されている。

≫千住~草加を歩く

瀬崎浅間神社
瀬崎浅間神社

前の名所:八彦尊道碑
次の名所:火あぶり地蔵尊