清蔵院せいぞういん

山門が越谷市の有形文化財に指定されている。江戸時代初期の、寛永15年(1638)の関西の工匠の作と言われている。
山門の龍は、金網で囲われている。 巷説では、この山門の龍は、伝説的な彫刻職人左甚五郎の作とされ、夜な夜な山門を抜け出して畑を荒らしたことから、これを金網で囲った…。といわれている。

≫草加~越ヶ谷を歩く

清蔵院の山門
清蔵院の山門

次の名所:照蓮院