宝の木たからのき

寛文10年(1670)頃、六軒と呼ばれた集落があり、広さ約100平方メートル、高さ約4メートルの古墳のような大塚があり、そこに老木が一本あった。名の知れぬままに当時の住民は宝の木と呼んでいたという。明治の土地割の際には、この地区をこの木にちなんで宝木村と称したという。
学名は、猿の手柏(コノテカシワ)という。

≫宇都宮~徳次郎を歩く

宝の木
宝の木

前の名所:勝善神の碑
次の名所:高尾神社