氷川神社ひかわじんじゃ

鳥居は街道沿いに面しているが、参道が長いため、街道からでは神社の様子を窺うことができない。100mほど続く参道は、両側の大きな木々で覆われている。そこを抜けると、目の前が急に開け、社殿が現れる。社殿の周りには芝生が茂り、徒歩の疲れを癒すには最適。参道の入口には、安永時代の庚申塔がある。

≫大門~岩槻を歩く

氷川神社
氷川神社

前の名所:八幡宮
次の名所:照光寺