稲荷いなり

二つめの青面金剛像を通過し、さらに400mほど進むと、左手に稲荷がある。街道沿いに存在するが、木々に覆われているため見過ごしてしまうこともある。樹木の間を抜けると、中には小さな稲荷が祀られている。稲荷は神の一つで、「お稲荷様」「お稲荷さん」の名で親しまれている。基本的に稲荷と表記するが、「稲生」や「稲成」とする神社も存在する。

≫大門~岩槻を歩く

稲荷
稲荷

前の名所:総持院
次の名所:鷲神社