大門神社だいもんじんじゃ

宿場の南外れに存在する大門神社は、約200mの長いケヤキ並木参道を有し、赤い鳥居が目を引く。創立時期は不詳で、住吉十二所社と称し、旧大門村、下野田村の鎮守として下野田に鎮座。その後、神仏分離令により、大門村村社に配せられ、明治40年に十二所社の社号を宗教法人大門神社に改められた。参道の途中には一基の庚申塔がある。

≫鳩ヶ谷~大門を歩く

大門神社
大門神社

前の名所:岩槻宿下道
次の名所:大門宿