岩槻宿下道いわつきしゅくしもみち

初期の日光御成道は、この交差点で右に逸れ、釣上新田を通って岩槻宿へと向かっていた。秀忠の社参の帰り道、宇都宮城で「宇都宮釣天井事件」に遭遇。以後、「釣」の文字を嫌い、この道を通ることを止した。この事件とは、江戸時代の元和8(1622)年、下野国宇都宮藩主で江戸幕府年寄の本多正純が、宇都宮城に釣天井を仕掛けて秀忠の暗殺を図ったもの。

≫鳩ヶ谷~大門を歩く

岩槻宿下道
岩槻宿下道

前の名所:諏訪神社
次の名所:大門神社