鎌倉橋跡かまくらばしあと

新荒川大橋を渡り、最初の信号で左折、スロープを約100m進むと、角に小さな緑地を構えた交差点が現れる。現在、そこは鎌倉橋記念緑地となり、鎌倉橋跡の碑が建てられている。平安時代末期、源義経が源頼朝の平氏打倒の挙兵に加わるため、奥州平泉から鎌倉へ向かう途中、この辺りで兵を改めたということが『義経記』に記されている。

≫岩淵~川口を歩く

鎌倉橋跡
鎌倉橋跡

前の名所:善光寺
次の名所:川口宿