善光寺ぜんこうじ

建久6(1195)年、定尊の開創。はじめ天台宗であったが浄土宗に転じ、元禄8(1695)年、本堂を再建し真言宗に改宗した。安藤広重の『江戸百景めぐり』にも登場し、「川口の渡し善光寺」として描かれている。手軽な善光寺参りとして江戸庶民の人気を集め、かつては日本三大善光寺の一つに数えられた。今は堤防の上に移設され、かつての面影は感じられない。

≫岩淵~川口を歩く

善光寺
善光寺

前の名所:川口の渡し
次の名所:鎌倉橋跡