杉並木すぎなみき

相野原一里塚を過ぎると、日光御成道の両脇に杉並木が現れる。この並木道は300mほど続くが、現存する杉は約20本で、往時の面影は感じられない。三代将軍・徳川家光の時代に杉並木が整備されたが、今ではこの区間だけが残されている。この並木は、貴重な緑を守り、次世代に伝えようと、昭和61年に「ふるさとの並木道」に指定された。

≫岩槻~幸手追分を歩く

杉並木
杉並木

前の名所:相野原一里塚
次の名所:宝国寺