旧田中家住宅きゅうたなかけじゅうたく

大正10年から同12年にかけて建設された木造煉瓦造3階建ての洋館と、昭和10年に増築された和館を中心に、文庫蔵、茶室などで構成されている住宅。農家であった初代の跡を継いだ2代目德兵衞が、大麦と豊かな地下水を利用した麦麹味噌の醸造業と材木商を始め、田中家発展の基礎を築いた。

≫川口~鳩ヶ谷を歩く

旧田中家住宅
旧田中家住宅

次の名所:薬林寺