べこ石の碑べこいしのひ

この碑は嘉永10年(1848年)10月に芦野宿の問屋を務めた戸村右内忠怒が撰文建立したもので、全文19段、約3500の文字を刻した碑文である。
長文で孝行の大切さと善行をすすめ、堕胎の戒めと生命の尊重など実例や例えを用いながら儒教的精神を中心とした人の道を優しく教えている。
この碑は、自然石に炎帝神農氏の姿か、昔時この地方でも牛を「べこ」と称し石の形がか臥牛に似ているための呼称と思われる。

≫芦野~白坂を歩く

べこ石の碑
べこ石の碑

前の名所:遊行庵
次の名所:板屋の一里塚