五輪塔ごりんとう

火の見櫓の下に五輪塔がある。
五輪塔の形はインドが発祥といわれており、本来舎利(お骨)を入れる容器として使われていたといわれるが、日本では平安末期から供養塔、供養墓として多く使われるようになった。

≫芦野~白坂を歩く

五輪塔
五輪塔

前の名所:馬頭観音
次の名所:座り地蔵