会三寺えさんじ

元亀元年(1570年)に創建。
往時麻疹が大流行し多くの子供が亡くなり、その霊を弔うため、住職であった旺盛が111体の木製地蔵像を10余年の歳月をかけて掘り込み安置した。
その内の80数体が残っており、麻疹地蔵として信仰されている。

≫越堀~芦野を歩く

会三寺
会三寺

前の名所:寺子の一里塚