弘法大師の碑こうぼうだいしのひ

「葦に添う 市野沢辺の ほたる哉」
この句は、平安時代の高僧弘法大師(空海)が、この地を通った際に詠んだものだと伝えられる。
実際は江戸時代に詠まれたものらしいが、かつてこの句碑が市野沢地内にあったという。

≫大田原~鍋掛を歩く

弘法大師の碑
弘法大師の碑

次の名所:麻疹地蔵堂