鍋掛の一里塚なべかけのいちりつか

鍋掛愛宕峠の塚は奥州街道41番目のもので、江戸より41里(約161㎞)の距離を示す塚である。
当時の旅人の目印として、そして休憩地として親しまれていたそうである。
「野間の大野家文書」には、慶長9年甲辰(1604年)に築かれたという記録が残っている。
もとは、ここより約11mほど東側にあったが、道路の拡張工事により現在地に移された。

≫大田原~鍋掛を歩く

鍋掛の一里塚
鍋掛の一里塚

前の名所:樋沢神社
次の名所:鍋掛神社