浦蘆碑ほろひ

文化9年(1812)10月のある朝、一隊の兵士が刀を持って槍を立て行進する蜃気楼が現れた。ここを通った甲州の行脚僧がこれを土地の者に聞くと「浦蘆(ほろ)」だと答えたという。
これを後に石に刻んで建立したものがこの碑である。

≫佐久山~大田原を歩く

浦蘆碑
浦蘆碑

前の名所:赤マツ
次の名所:町初碑