阿久津河岸・船玉神社あくつかし・ふなだまじんじゃ

徳川家康が江戸城に入部すると、領地である関八州諸国から建築用材や食糧の輸送はもっぱら川船によった。
幕府が開かれ、やがて参勤の制が布かれると、東奥の糧穀や物産などは、阿久津まで陸送され、ここから川船で江戸に送られるようになり、さらに商用の荷駄も旅人もこれを利用するようになった。川船の発着所を「河岸」という。
阿久津河岸は奥州街道の鬼怒川渡河点にあたり、最上流に位置するという地の利を得て、慶長以来、明治の中期まで水陸交通の要地として300年間の繁栄を続けた。
鬼怒川上流独特の川船を「小鵜飼船」といい、また、船頭たちが水上安全の守護神として河船場にまつったのが、船のみたま・船玉(魂)大明神である。境内は船の形を模して作られたといわれ、舳の位置に神殿がたてられており、一般の神社とは趣を異にしている。

≫白澤~氏家を歩く

阿久津河岸・船玉神社
阿久津河岸・船玉神社

前の名所:与作稲荷神社
次の名所:浮島地蔵