勝山城址かつやまじょうし

勝山城は南北420m、東西370m、鬼怒川の段丘面を天然の要害にした崖端城である。鎌倉末期頃、氏家氏が築き、その後芳賀氏によって強固な防備が完成した。
中世下野における、宇都宮氏一族の北方防衛の拠点であり、戦国時代では那須氏との激戦地となったが、堅牢な城で落城することはなかった。だが、宇都宮氏が慶長2年(1597年)豊臣秀吉の命で改易したのに伴い、あえなく廃城となった。

≫白澤~氏家を歩く

勝山城址
勝山城址

次の名所:お伊勢の森